HOME > キーワードで知る工業市場研究所

Keyword

キーワードで知る工場市場研究所

01

創業50年。
クライアントはメーカーから中央官庁まで多数。

1967年、数人の仲間による化学メーカーの市場調査から事業を開始。現在では各種メーカーからエネルギー、IT、医療、不動産、サービス、流通業などに加え、官公庁や独立行政法人などの調査も担当しています。特に不動産、化学などにおいては長い長い歴史と評価を誇っており、当社の強みとなっています。近年は収益力の強化に取り組み、財務基盤も堅固に。系列に属さない独立系調査会社として、確固たる地位を築いています。

02

日本でも数少ない「足で稼ぐ」調査会社。
その信頼は絶大です。

当社の最大の特長は、「常にマーケットに聞く」現場主義の姿勢です。たとえば新製品の市場調査を依頼された場合、当社はモニター調査を行うのでなく、業界の様々なプレーヤーに対して市場に対する情報交換を重ねて結論を導き出します。経営判断にも影響を与える信頼度です。

03

調査の設計から調査対象の選定、
コンサルティングまで実施。

企業から調査依頼を受けると、調査員がクライアントと話し合い、「何を目的に、どんな調査を行うか」の設計を行います。調査対象者を設定し、依頼を開始。必要な解答が得られるまで複数名にヒアリングを行い、報告書をまとめます。ときには結果に基づいたコンサルティングも実施。原則としてすべてを自社の熟練した調査員が行います。

04

海外調査も急増。
調査員が、直接海外へ足を運びます。

年々増加しているのが、海外進出を目指すクライアントからの海外市場調査依頼です。当社はここでも「現場に聞く」姿勢を貫き、調査員を現地に派遣。商取引や生産、流通のキーパーソンとなる人々を探し出し、直接ヒアリングを行って、ビジネスの可能性を探ります。生の言葉が持つ説得力は強力で、非常に厚い信頼を寄せられています。

05

働き方改革も推進。
定着率の高さが誇りです。

約80名の調査員はそれぞれ独立しています。新人に対しては上司が随時サポートし、1名で案件に取り組めるように育成します。また待遇や労働環境の改善にも力を入れており、高い定着率を誇っています。会社の唯一最大の財産である「人」を何より大切にする会社です。

ページの上部へ