市場データ

首都圏建売住宅市場動向(2021年)

2021年6月

【2021年6月の建売住宅市況】

供給状況

2021年6月に供給された建売住宅は75物件569棟。
前月5月(46物件・365棟)に対して物件数は+63.0%、棟数は+55.9%の増加。 しかし前年同月(2020年6月、94物件667棟)と比較すると、物件数は▲20.2%、棟数は▲14.7%で減少となっている。
2020年6月は第1回目の緊急事態宣言が解除された後であり、販売活動が再開され、供給が増加したことが影響していると考えられる。
都県別では、東京都が225棟、神奈川県が76棟、埼玉県が165棟、千葉県が103棟で、東京都が中心となっており、神奈川県が少ない。
前年同月と比較すると、東京都が▲18.2%、神奈川県が▲37.7%、埼玉県が+31.0%、千葉県が▲33.1%となっており、神奈川県と千葉県が30%以上の大きな減少、東京都も18%の減少となっている。埼玉県のみが30%以上の大きな増加となっている。

都県別の供給割合(棟数ベース)は、東京都が39.5%、神奈川県が13.4%、埼玉県が29.0%、千葉県が18.1%となっている。

東京都では新規物件の供給が大半を占めており、拾遺物件の補足は少ない。新規物件では、大和ハウス工業、野村不動産、飯田産業、三井不動産レジデンシャルなどが中心。拾遺物件は三井不動産レジデンシャル、アグレ都市デザイン、東栄住宅が中心。
神奈川県でも、新規物件の供給が大半で、拾遺物件の補足は少ない。新規物件はアーネストワン、小田急不動産・細田工務店、野村不動産、大藤不動産など。拾遺物件は京急不動産。
埼玉県も、新規物件が大半で、拾遺物件の補足が少ない。新規物件は中央住宅、一建設、飯田産業。拾遺物件は中央住宅・中央グリーン開発。
千葉県でも新規物件の供給が大半となっており、拾遺物件の補足は少ない。新規物件は三菱地所レジデンス、飯田産業。拾遺物件は三井不動産レジデンシャル。

 

(都県別最多平均ライン:6月)

 東京都:土地99㎡以下  建物90~99㎡  価格6,000万円台、7,000万円台
 神奈川県:土地125~149㎡  建物90~99㎡  価格5,000万円台
 埼玉県:土地100~124㎡  建物90~99㎡  価格3,000万円台
 千葉県:土地100~124㎡  建物90~99㎡、100~109㎡  価格4,000万円台
 

 

契約状況

2021年6月の月間契約率は67.8%。前月5月(56.2%)から+11.6ポイントの上昇となっている。新規物件をみると、契約率が80%以上の売れ行き良好な物件と30%未満の出足の鈍い物件がともに多くなっており、物件によって売れ行きが大きく分かれている。前年同月(40.0%)と比較すると、+27.8ポイントの大幅な上昇となっている。

都県別の契約率をみると、東京都は75.6%(前年同期32.7%)、神奈川県は73.7%(同57.4%)、埼玉県は55.2%(同47.6%)、千葉県は67.0%(同33.1%)となっている。
東京都と神奈川県が70%以上で良好、一方で埼玉県が55%で苦戦気味となっている。東京都と神奈川県では契約率80%以上の良好な新規物件も多くなっているが、埼玉県では契約率30%未満で出足の鈍い物件が目に付く。

東京都では、新規物件は「プラウドシーズン杉並高井戸」(12棟)、「プラウドシーズン国分寺日吉町S街区第1期」(11棟)が好調。拾遺物件では「ファインコート目黒東が丘一丁目」(6棟)、「アグレシオ浜田山」(7棟)、「アグレシオ エグゼ練馬向山」(18棟)などが好調。
神奈川県では、新規物件では「リーフィア相模大野デュアルプレイス」(13棟)が好調。拾遺物件は「プライムアベニュー横浜洋光台Ⅱ」(10棟)が好調。
埼玉県では、新規物件は「グラファーレさいたま市西区土屋 3期」(12棟)が良好、拾遺物件の「アンバサンド大宮・大和田」(40棟)が健闘。
千葉県では、新規物件は「ザ・パークハウスステージ稲毛海岸 第3期2~4次」(25棟)、拾遺物件の「ファインコート西船橋パークフロント」(8棟)が良好。

 

(都県別供給・契約動向)

■東京都:225棟 … 契約率75.6%
「ファインコート目黒東が丘一丁目」(6棟)は東急田園都市線「駒澤大学」駅徒歩15分。平均1億3,000万円台と高額にも関わらず、キャンセルによる入れ替えはみられたが、1ヶ月未満で完売。徒歩15分の駅距離はあまり問題とならず、住環境や生活環境が評価された。
■神奈川県:76棟 契約率73.7%
「プライムアベニュー横浜洋光台Ⅱ」(10棟)はJR根岸線「洋光台」徒歩13分。販売開始から約4ヶ月で完売。住環境の良さ、庭をとれる土地の広さが評価された。下屋裏収納、固定階段付き小屋裏収納も好評。
■埼玉県:165棟 … 契約率55.2%
「アンバサンド大宮・大和田」(40棟)は東武野田線「大和田」駅徒歩5分。支線エリアであるが、駅近立地に対する評価が高い。40区画の街区構成と日照条件も良かった。
■千葉県:103棟 … 契約率67.0%
「ファインコート西船橋パークフロント」(8棟)はJR総武線「西船橋」駅徒歩11分。総武線と東西線の2路線利用可、建物面積が広く収納も充実、住環境が良好で小中学校が近いことが評価された。

2021年5月

【2021年5月の建売住宅市況】

供給状況

2021年5月に供給された建売住宅は46物件365棟。
前月4月(68物件・485棟)に対して物件数は▲32.4%、棟数は▲24.7%の減少。
前年同月(2020年5月、35物件326棟)と比較すると、物件数は+31.4%、棟数は+12.0%で、前年同期比では増加となっている。
2020年5月は第1回目の緊急事態宣言中の期間であり、現在よりも緊急事態宣言の影響力があったことから、不要不急の外出自粛、販売センター等の販売自粛、販売延期等の対策が取られたことから、新規供給が抑えられていた。
都県別では、東京都が169棟で最も多く、次いで神奈川県が85棟、千葉県が74棟、埼玉県が37棟となっており、東京都以外が少なく、特に埼玉県、千葉県が少ない。
前年同月と比較すると、東京都が+106.1%、神奈川県が+214.8%、埼玉県が▲68.1%、千葉県が▲26.7%となっており、東京都、神奈川県が大きく増加した一方で、埼玉県と千葉県が大きく減少している。

都県別の供給割合(棟数ベース)は、東京都が46.3%で最も多く、次いで神奈川県が23.3%、千葉県が20.3%、埼玉県が10.1%となっており、供給が大きく落ち込んだ埼玉県の割合が小さくなっている。

東京都は新規物件の供給と拾遺物件の補足が半々。新規物件では、東栄住宅、アーネストワン、三井不動産レジデンシャル、一建設などが中心。拾遺物件はアグレ都市デザイン、東栄住宅、兼六土地建物などが中心。
神奈川県でも、新規物件の供給と拾遺物件の補足が半々。新規物件はアーネストワン、野村不動産、飯田産業など。拾遺物件は住友林業、東栄住宅、三菱地所レジデンス・大藤不動産など。
埼玉県は供給自体が少ないが、新規物件が中心で、拾遺物件の補足が少ない。新規物件は一建設、飯田産業、アーネストワン。拾遺物件は大倉。
千葉県は新規物件の供給と拾遺物件の補足が半々。新規物件は飯田産業、一建設、中央住宅など。拾遺物件は三井不動産レジデンシャル、タクトホームなど。

 

(都県別最多平均ライン:5月)

 東京都:土地100~124㎡以下  建物90~99㎡  価格4,000万円台、5,000万円台、1億円以上
 神奈川県:土地100~124㎡  建物90~99㎡  価格5,000万円台
 埼玉県:土地150~174㎡  建物90~99㎡、100~109㎡  価格2,000万円台
 千葉県:土地125~149㎡  建物90~99㎡、100~109㎡  価格3,000万円台
 

 

契約状況

2021年5月の月間契約率は56.2%。前月4月(54.4%)から+1.8ポイントでやや上昇となっている。ただし、新規物件では、契約率30%未満の物件が多くなっており、依然として全般的に出足の鈍い物件が多くなっている。
前年同月(35.3%)と比較すると、+20.9ポイントの大幅な上昇となっている。前年同期は第1回目の緊急事態宣言中の期間であり、需給ともに自粛の動きがみられたことが影響したと考えられる。
価格の高めの物件が供給されているが、売れ行きでは良好、健闘している物件もみられ、一方で価格を抑えた物件に出足の鈍い物件がみられており、物件間で売れ行きに格差が表れている。

 

都県別の契約率をみると、東京都は65.1%(前年同期69.5%)、神奈川県は64.7%(同37.0%)、埼玉県は27.0%(同13.8%)、千葉県は40.5%(同31.7%)となっている。

東京都では、新規物件は「ファインコート永福四丁目 第1期」(9棟)が良好。拾遺物件では「ファインコート世田谷梅丘」(7棟)、「アグレシオ ヴェルドゥ国分寺」(20棟)、「ブルーミングガーデン杉並区下高井戸3丁目Ⅱ」(12棟)などが良好。
神奈川県では、新規物件では「プラウドシーズンつきみ野 第1期」(17棟)が好調。拾遺物件は「フォレストガーデン湘南辻堂」(19棟)が好調。
埼玉県では、拾遺物件の「オークラホーム本郷町」(5棟)が良好。
千葉県では、拾遺物件の「ファインコート船橋習志野台 四季の丘」(19棟)が良好。

 

(都県別供給・契約動向)

■東京都:169棟 … 契約率65.1%
「ファインコート世田谷梅丘」(7棟)は小田急小田原線「梅ヶ丘」駅徒歩9分。 平均1億円超ながら発売から1ヶ月強で完売し売れ行き好調。最寄りは各駅停車駅であるが、都心への近さが都心マンション検討客にも評価された。
■神奈川県:85棟 契約率64.7%
「フォレストガーデン湘南辻堂」(19棟)はJR東海道線・湘南新宿ライン線「辻堂」徒歩13分。発売から約5ヶ月間で完売し売れ行き好調。区割りの関係で変形敷地もあったが、立地と商品、適正な価格で需要を取り込めた。
■埼玉県:37棟 … 契約率27.0%
「オークラホーム本郷町」(5棟)は埼玉新都市交通伊奈線「東宮原」駅徒歩5分。複合商業施設ステラタウン近隣のUR賃貸からの来場が多かった。予算的に届かない来場者も多かったが、注文住宅志向の来場者が買い上げって購入していた。
■千葉県:74棟 … 契約率40.5%
「ファインコート船橋習志野台 四季の丘」(19棟)は東葉高速鉄道線「北習志野」駅徒歩7分。第1期発売から約1年強で完売。南角と南西接道の客付きが早い傾向がみられた。

2021年4月

【2021年4月の建売住宅市況】

供給状況

2021年4月に供給された建売住宅は68物件485棟。前月3月(44物件・347棟)に対して物件数は+54.5%、棟数は+39.8%の大幅な増加となっている。
前年同月(2020年4月、58物件457棟)と比較すると、物件数は+17.2%、棟数は+6.1%となっており、前年同期比でも増加となっており、堅調な供給が続いている。
前年同月は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため第1回目の緊急事態宣言が発出されていた時期で、不要不急の外出自粛、販売センター等の販売自粛、休止の対策が取られたことから、新規供給が減少していた。
都県別では、東京都が196棟で最も多く、次いで千葉県が137棟、埼玉県が124棟で、神奈川県が28棟と少なくなっている。
前年同月と比較すると、東京都が▲7.1%、神奈川県が▲46.2%、埼玉県が▲14.5%、千葉県が+179.6%となっており、前年同期に供給が少なかった千葉県で大幅に増加しているものので、他の3都県では供給は減少、特に神奈川県で大きく減少している。

都県別の供給割合(棟数ベース)は、東京都が40.4%で最も多く、次いで千葉県が28.2%、埼玉県が25.6%、神奈川県が5.8%となっている。
東京都を中心とする供給が続いている。

東京都では新規物件の供給が中心で、拾遺物件の補足が少ない。新規物件では、飯田産業、アグレ都市デザインなど、拾遺物件はアグレ都市デザイン、野村不動産、大成有楽不動産販売など。
神奈川県では、新規物件の供給が多く、拾遺物件の補足が少ない。新規物件は大和ハウス工業、三菱地所レジデンス・大藤不動産など。拾遺物件はアグレ都市デザインのみ。
埼玉県は新規物件が中心で、拾遺物件の補足は少ない。新規物件は中央住宅、アーネストワン、一建設、中央グリーン開発など。拾遺物件は中央住宅。
千葉県も新規物件が中心で、拾遺物件が少ない。新規物件は中央住宅、住友林業、アーネストワンなど、拾遺物件は三井不動産レジデンシャル、東栄住宅。

(都県別最多平均ライン:4月)

 東京都:土地99㎡以下  建物90~99㎡  価格5,000万円台
 神奈川県:土地125~149㎡  建物90~99、100~109㎡  価格6,000万円台
 埼玉県:土地100~124㎡  建物90~99㎡  価格3,000万円台
 千葉県:土地100~124㎡  建物100~109㎡、 価格4,000万円台
 

 

契約状況

2021年4月の月間契約率は54.4%。前月3月(45.8%)から+8.7ポイントの上昇となっている。ただし、新規物件では、契約率30%未満の物件が多くなっており、全般的に出足の遅い物件が多くなっている。
前年同月(30.9%)と比較すると、+23.5ポイントの大幅な上昇となっている。前年同期は第1回目の緊急事態宣言が発出されていた時期で供給、需要ともに動きが自粛の動きがみられたことが影響したと考えられる。

都県別の契約率をみると、東京都は66.3%(前年同期46.2)%、神奈川県は35.7(同11.4)%、埼玉県は46.0(同31.7)%、千葉県は48.9(同10.7)%となっている。
いずれの都県でも契約率は大きく上昇している。

東京都では、新規物件では「アグレシオ調布セレニティ」(7棟)が好調。拾遺物件では「プラウドシーズン聖蹟桜ヶ丘」(15棟)、「オーベルコート三鷹上連雀」(11棟)などが良好。
神奈川県では、新規物件では「ザ・パークハウスステージ横濱洋光台 第5期5~7次」(3棟)が良好。拾遺物件は「アグレシオ稲田堤」(5棟)が良好。
埼玉県では、新規物件では「マチエ西大宮エミリオ」(6棟)、拾遺物件の「ベルフォート桶川 石の街区」(9棟)が良好。
千葉県では、新規物件は「ファインコート稲毛海岸美浜の杜 第5期1次」(10棟)、拾遺物件の「ファインコート船橋夏見二丁目」(9棟)が良好。

(都県別供給・契約動向)

■東京都:196棟 … 契約率66.3%
「プラウドシーズン聖蹟桜ヶ丘」(15棟)は京王線「聖蹟桜ヶ丘」駅徒歩10分。 価格は高かったが、公道側区画が人気。来場者予算は6,000万円までが75%を占めたが、結果として予算が伸び、目標よりも早く完売することができた。
■神奈川県:28棟 契約率35.7%
「アグレシオ稲田堤」(5棟)は京王相模原線「京王稲田堤」徒歩6分。発売から約3ヶ月で完売。駅近で、土地面積が広い2階建ては希少性があった。価格は相場から乖離していたが、買い上がれる人を客付けできた。
■埼玉県:124棟 … 契約率46.0%
「ベルフォート桶川 石の街区」(9棟)はJR高崎線「桶川」駅徒歩11分。3,000万円台主力のエリアで、4,000万円台を販売しており、好調な売れ行き。生活利便性、区画整理された住環境が評価され、地元以外の高予算層が多かった。
■千葉県:137棟 … 契約率48.9%
「ファインコート船橋夏見二丁目」(9棟)はJR総武線「船橋」駅徒歩17分。 発売から約2ヶ月弱で完売。距離はあるが「船橋」駅徒歩圏の高台住宅地、リビングの高天井や収納などの間取りが好評。

2021年3月

【2021年3月の建売住宅市況】

供給状況

2021年3月に供給された建売住宅は44物件347棟。前月2月(91物件・659棟)に対して物件数は▲51.6%、棟数は▲47.3%の大幅な減少となっている。
前年同月(2020年3月、73物件542棟)と比較すると、物件数は▲39.7%、棟数は▲36.0%となっており、前年同期比でも大幅な減少となっている。
単月では減少しているが、1~3月の合計では前年同期、前々年同期を上回っており、堅調な供給が継続していると考えられる。
都県別では、東京都が125棟で最も多く、次いで埼玉県が97棟、千葉県が70棟、神奈川県が55棟となっている。
前年同月と比較すると、東京都が+1.6%、神奈川県が▲74.7%、埼玉県が+21.3%、千葉県が▲42.6%となっており、埼玉県では増加しているが、神奈川県、千葉県では大きく減少している。

都県別の供給割合(棟数ベース)は、東京都が36.0%で最も多く、次いで埼玉県が28.0%、千葉県が20.2%、神奈川県が15.9%となっている。
東京都を中心とする供給が続いている。

東京都では新規物件の供給、拾遺物件の補足が半々で、新規物件では、一建設、飯田産業など、拾遺物件は三井不動産レジデンシャル、住友林業、など。
神奈川県では、新規物件の供給が多く、拾遺物件の補足が少ない。新規物件は三菱地所レジデンス、三井不動産レジデンシャル、など。拾遺物件は東急のみ。
埼玉県は新規物件が中心で、拾遺物件の補足は少ない。新規物件はアーネストワン、東栄住宅。拾遺物件は東栄住宅、ポラスタウン開発。
千葉県も新規物件が中心で、拾遺物件が少ない。新規物件はポラスガーデンヒルズ、飯田産業など、拾遺物件は日本土地建物(現・中央日本土地建物)のみ。

(都県別最多平均ライン:3月)

 東京都:土地99㎡以下  建物90~99㎡  価格5,000万円台
 神奈川県:土地125~149㎡  建物90~99㎡  価格3,000万円台
 埼玉県:土地100~124㎡  建物90~99㎡  価格3,000万円台、4,000万円台
 千葉県:土地125~149㎡  建物90~99㎡、 価格2,000万円台、3,000万円台
 

 

契約状況

2021年3月の月間契約率は45.8%。前月2月(61.6%)から▲15.8ポイントの大きな低下となっている。前年同月(43.5%)と比較すると、+2.3ポイントの上昇でおおむね前年並みの契約率となっている。
新規物件では、東京都では良好な物件がみられるが、出足が鈍い物件が多くなっている。神奈川県、埼玉県、千葉県でも全般的に出足の遅い物件が多くなっている。

都県別の契約率をみると、東京都は66.4%(前年同期33.3)%、神奈川県は25.5(同55.8)%、埼玉県は34.0(同35.0)%、千葉県は41.4(同37.7)%となっている。
東京都と千葉で契約率が上昇しているのに対して、神奈川県が契約率を落としている。埼玉県は横ばいとなっている。

東京都では、新規物件では「ファインコート荻窪ディアクロス」(7棟)が好調。拾遺物件では「フォレストガーデン世田谷深沢」(9棟)、「ファインコート池袋」(10棟)などが良好。
神奈川県では、新規物件では「ザ・パークハウスステージ横濱洋光台 第5期2~4次」(3棟)が良好。拾遺物件は「ノイエ鷺沼ザ・サウスⅡ」(7棟)が良好。
埼玉県では、拾遺物件の「浦和トゥエンティ・キャンバス」(13棟)が良好。
千葉県では、拾遺物件の「バウスガーデン市川国府台」(21棟)が健闘。

(都県別供給・契約動向)

■東京都:125棟 … 契約率66.4%
「フォレストガーデン世田谷深沢」(9棟)は東急田園都市線「桜新町」駅徒歩20分。平均1億円超の価格帯であるが、市況の追い風もあり、約8ヶ月間で完売。開発道路奥の北接道や敷延の9,000~1億円台の区画から販売が進む。徒歩20分の駅距離を考えると1億円以上は高いとの声も聞かれた。
■神奈川県:55棟 契約率25.5%
「ノイエ鷺沼ザ・サウスⅡ」(7棟)は東急田園都市線「鷺沼」徒歩7分。約7ヶ月で完売。分譲マンションとの比較が多く、プラス1部屋の観点から戸建を検討していた。
■埼玉県:97棟 … 契約率34.0%
「浦和トゥエンティ・キャンバス」(13棟)はJR京浜東北線「浦和」駅バス11分徒歩4分。駅からバス便にも関わらず2ヶ月弱で早期完売し好調。先行物件のストック客を振り向け客付けできた。値頃感のある3,000万円台の価格帯で広域からも集客できた。地縁のない人も購入している。
■千葉県:70棟 … 契約率41.4%
「バウスガーデン市川国府台」(21棟)は京成本線「国府台」駅徒歩14分。令和2年夏から市況が好転し、販売が加速した。来場者予算は4,000万円台半ば程度で、5,000万円超えを出せる人は少なかった。住民以外が入ってこないクルドサックの街区構成が若年層に好評。

2021年2月

【2021年2月の建売住宅市況】

供給状況

2021年2月に供給された建売住宅は91物件659棟。前月1月(41物件・337棟)に対して物件数は+122.0%、棟数は+95.9%の大幅な増加となっている。
前年同月(2020年2月、33物件312棟)と比較すると、物件数は+175.8%、棟数は+111.2%となっており、前年同期比でも大幅な増加で、活発な供給が継続している。
都県別では、東京都が288棟で最も多く、次いで埼玉県が175棟、千葉県が100棟、神奈川県が96棟となっている。
前年同月と比較すると、東京都が+118.2%、神奈川県が+28.0%、埼玉県が+201.7%、千葉県が+112.8%といずれも大きく増加しており、特に埼玉県、東京都、千葉県で増加している。

都県別の供給割合(棟数ベース)は、東京都が43.7%で最も多く、次いで埼玉県が26.6%、千葉県が15.2%、神奈川県が14.6%となっている。
東京都を中心とする供給が続いている。

東京都では新規物件の供給、拾遺物件の補足ともに多いが、新規物件の供給がやや多くなっている。新規物件では、住友林業、飯田産業、細田工務店、三井不動産レジデンシャル、野村不動産、日興タカラコーポレーション、フージャースアベニューなどが供給。拾遺物件では三井不動産レジデンシャル、一建設、東栄住宅、大和ハウス工業など。
神奈川県では、新規物件の供給が拾遺物件の補足をやや上回っている。新規物件はアーネストワン、フージャースアベニュー、小田急不動産、大和地所レジデンスなど。拾遺物件は三井不動産レジデンシャル、東栄住宅、京急不動産など。
埼玉県は新規物件が少なく、拾遺物件の補足が中心。新規物件は一建設、中央住宅、中央グリーン開発。拾遺物件は中央住宅、一建設、アーネストワン、中央グリーン開発など。
千葉県も新規物件が少なく、拾遺物件が中心。新規物件は三井不動産レジデンシャル、中央グリーン開発、パナソニックホームズ。拾遺物件は中央住宅、中央グリーン開発、三菱地所レジデンス、ポラスガーデンヒルズなど。

(都県別最多平均ライン:2月)

 東京都:土地100~124㎡  建物90~99㎡  価格5,000万円台
 神奈川県:土地125~149㎡  建物90~99㎡  価格3,000万円台
 埼玉県:土地100~124㎡  建物90~99㎡  価格3,000万円台
 千葉県:土地125~149㎡  建物90~99㎡、100~109㎡  価格4,000万円台
 

 

契約状況

2021年2月の月間契約率は61.6%。前月1月(60.5%)から+1.1ポイントの上昇でおおむね横ばい。前年同月(67.9%)と比較すると、▲6.3ポイントの低下となっている。
新規物件では、東京都では良好・健闘物件が目立つが、埼玉県、千葉県では出足の遅い物件も多くなっている。拾遺物件では発売開始から数ヶ月で完売できる良好物件がみられる一方で、売れ行きが伸び悩む物件もみられ、売れ行きに格差がみられている。

都県別の契約率をみると、東京都は68.1(前年同期68.9)%、神奈川県は51.0(同80.0)%、埼玉県は47.4(同72.4)%、千葉県は78.0(同40.4)%となっている。
東京都がほぼ前年並みの契約率を維持したのに対して、神奈川県と埼玉県が契約率を大きく落としている。千葉県は契約率を大きく上昇させている。

東京都では、新規物件では「フォレストガーデン吉祥寺井の頭公園」(8棟)が好調。拾遺物件では「ファインコート三鷹下連雀ザ・レジデンス」(6棟)、「アグレシオプラスお花茶屋Ⅱ」(3棟)などが良好。
神奈川県では、新規物件では「デュオアベニュー鷺沼 第3期」(5棟)が健闘。拾遺物件は「ファインコート藤沢本鵠沼ブライト・コースト 第1期」(10棟)が良好。
埼玉県では、拾遺物件の「ベルフォート桶川 木の街区・陽光の街区」(11棟)が良好。
千葉県では、新規物件は「ファインコート稲毛海岸美浜の杜 第4期1~3次」(12棟)、拾遺物件は「パレットコート流山セントラルパークフラグメンツ」(31棟)、「ザ・パークハウスステージ稲毛海岸 第2期8次~第3期1次」(14棟)が健闘。

(都県別供給・契約動向)

■東京都:288棟 … 契約率68.1%
「フォレストガーデン吉祥寺井の頭公園」(8棟)は京王井の頭線「井の頭公園」駅徒歩3分、JR中央線「吉祥寺」駅からも徒歩14分。高額物件ながらほぼ即完の売れ行きで好調。徒歩3分の駅近、井の頭公園が身近な環境、吉祥寺が生活圏の立地が好評。6mの開発道路が駐車場への入れやすさから高評価を獲得。
■神奈川県:96棟 契約率51.0%
「ファインコート藤沢本鵠沼ブライト・コースト」(10棟)は小田急江ノ島線「本鵠沼」徒歩11分。販売開始から約3ヶ月で完売。カーポート横の無償外構プランセレクト「ソラトリエ」を8区画に初採用。マリンスポーツ対応、ワンモアカーポート、屋根付きサイクルポート、ペットポートなど8つのプランを提案。
■埼玉県:175棟 … 契約率47.4%
「ベルフォート桶川 木の街区・陽光の街区」(11棟)はJR高崎線「桶川」駅徒歩10分。土地面積が広い分価格が高くなったことから、地元層の購入は少なく、高崎線沿線の上り方面からの購入が主力となった。
■千葉県:100棟 … 契約率78.0%
「パレットコート流山セントラルパーク フラグメンツ」(31棟)はつくばエクスプレス「流山セントラルパーク」駅徒歩14分。発売から120日間で完売。「南流山」や「流山おおたかの森」に比べて顧客予算に見合った値ごろ感のある価格に設定できたことが好調要因。

2021年1月

【2021年1月の建売住宅市況】

供給状況

2021年1月に供給された建売住宅は41物件337棟。前月12月(87物件・667棟)に対して物件数は▲52.9%、棟数は▲49.5%の減少となっている。
前年同月(2020年1月、42物件325棟)と比較すると、物件数は▲2.4%、棟数は+3.7%となっており、おおむね同水準での供給となっている。
都県別では、東京都が176棟で最も多く、次いで埼玉県が67棟、千葉県が61棟、神奈川県が33棟となっている。
前年同月と比較すると、東京都が+77.8%と大きく増加しているのに対して、埼玉県は▲39.1%、千葉県は▲21.8%、神奈川県は▲13.2%と減少しており、特に埼玉県と千葉県の減少が大きくなっている。

都県別の供給割合(棟数ベース)は、東京都が52.2%で最も多く、次いで埼玉県が19.9%、千葉県が18.1%、神奈川県が9.8%となっている。東京都を中心とする供給が続いている。

東京都では新規物件の供給と拾遺物件の補足が半々となっている。新規物件では、飯田産業、東栄住宅、三井不動産レジデンシャル、などの供給。拾遺物件ではアグレ都市デザイン、三井不動産レジデンシャル、東栄住宅、野村不動産、など。
神奈川県は今月も供給が少なく、新規物件、拾遺物件ともに少ない。新規物件は三井不動産レジデンシャル、日立アーバンインベストメント、大和ハウス工業。拾遺物件はトーセイ、三井不動産レジデンシャル。
埼玉県は新規物件が少なく、拾遺物件が中心となっている。新規物件は東栄住宅、アーネストワン。拾遺物件は東栄住宅、ポラスマイホームプラザ、コスモスイニシア、中央住宅など。
千葉県も新規物件が少なく、拾遺物件が中心。新規物件は三井不動産レジデンシャル、東京セキスイハイム、パナソニックホームズなど。拾遺物件は中央グリーン開発、中央住宅、東栄住宅、住友林業。

(都県別最多平均ライン:1月)

 東京都:土地100~124㎡  建物90~99㎡  価格4,000万円台
 神奈川県:土地100~124㎡  建物90~99㎡、100~109㎡  価格4,000万円台
 埼玉県:土地100~124㎡  建物100~109㎡  価格2,000万円台、4,000万円台
 千葉県:土地125~149㎡  建物100~109㎡  価格3,000万円台
 

 

契約状況

2021年1月の月間契約率は60.5%。前月12月(50.7%)から+9.8ポイントの上昇となっている。前年同月(50.8%)と比較すると、+9.7ポイントの上昇。
新規物件では初月の出足の鈍い物件が目立つ。拾遺物件では発売開始から数ヶ月で完売する好調物件がある一方で、時間が掛かっている物件もみられ、売れ行きの格差は大きくなっている。

都県別の契約率をみると、東京都は59.1(前年同期77.8)%、神奈川県は84.8(同21.1)%、埼玉県は46.3(同36.4)%、千葉県は67.2(同51.3)%となっている。
供給が多い東京都で前年同期に比べ契約率を大きく落としている。他の3県はいずれも契約率が上昇しており、特に供給が少ない神奈川県で大きく上昇している。

東京都では、新規物件では「ファインコート杉並井荻ザ・グレースプレミア第1期」(8棟)が良好。拾遺物件では「プラウドシーズン小金井緑町」(19棟)、「ブルーミングガーデン東久留米市小山4丁目」(17棟)などが良好。
神奈川県では、新規物件では「ファインコートLaLa湘南平塚第9期」(8棟)が健闘。拾遺物件の「THEパームスコート三ッ池公園Ⅱ(2工区)」(14棟)が健闘。
埼玉県では、拾遺物件の「イニシアフォーラム南浦和根岸」(7棟)が良好。
千葉県では、拾遺物件の「ブルーミングガーデン流山市駒木」(5棟)が健闘。

(都県別供給・契約動向)

■東京都:176棟 … 契約率59.1%
「プラウドシーズン小金井緑町」(19棟)はJR中央線「東小金井」駅徒歩14分。コロナ禍の影響による販売延期を経て、登録即完後にキャンセルによる入替が出るも約1ヶ月強で完売。広告期間が長期化したことで反響が多かった。中央線徒歩圏立地、土地36坪、大型バルコニー、住環境が評価された。
■神奈川県:33棟 契約率84.8%
「THEパームスコート三ツ池公園Ⅱ(2工区)」(14棟)は東急東横線「綱島」バス13分・徒歩6分。販売開始から約2ヶ月弱で早期完売した。コロナ禍で市場が活発化し早期完売を後押した。仲介店舗からの紹介も多かった。地元客中心であるが、県外客を含めた中広域に分散した。
■埼玉県:67棟 … 契約率46.3%
「イニシアフォーラム南浦和根岸」(7棟)はJR京浜東北線・武蔵野線「南浦和」駅徒歩14分。「南浦和」駅最寄りであるが、駅距離があり、前面道路が狭いことから訴求力が弱かったが、販売開始から約5ヶ月で完売。地元客が主力となり、価格重視が強まった。地場物件との回遊もみられた。
■千葉県:61棟 … 契約率67.2%
「パレットコート南柏グラン・ヴィスタ」(30棟)はJR常磐線「南柏」駅徒歩12分。住環境、土地面積、街区構成の評価が高かった。各駅停車駅最寄りということもあって予算が伸びず、価格が高めの南接道区画が残った。

TOPへ戻る