分野から探す

不動産統計資料

分野から探す

1993年1月から発行している「KOHKEN REALTY MONTHLY REPORT分譲マンション編(現:KOHKEN MONTHLY NET)」「KOHKEN REALTY MONTHLY REPORT建売住宅編」より、首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県南部)で新規供給された分譲マンション市場および建売住宅市場の概況を公開しています。(毎月更新)

 

※「KOHKEN REALTY MONTHLY REPORT分譲マンション編(現:KOHKEN MONTHLY NET)」「KOHKEN REALTY MONTHLY REPORT建売住宅編」の調査概要等につきましては、こちら

首都圏分譲マンション市場動向

【2020年4月の分譲マンション市況】

4月の供給は37物件、987戸。
コロナウィルスの影響により、1,000戸を下回る供給戸数となる。

2020年4月の首都圏マンション市場は、37物件987戸(うち新規物件のデビューは17物件・873戸)で、前年同月の140物件1,883戸に比べ▲896戸、▲47.6%の減少。供給戸数は1,000戸を下回り、コロナウィルスの影響により大幅な減少となった。2020年1~4月の供給は8,041戸で、前年を2,865戸下回った。過去5年間の供給実績をみても、大幅に下回る水準で推移している。今月は新規比率の割合が高く、全987戸中873戸が新規物件で、新規比率は88.4%となった。

※年次別同期比
2015年(平成27年)4月:2,977戸(1~4月:14,279戸)→年間計 45,938戸
2016年(平成28年)4月:2,867戸(1~4月:11,704戸)→年間計 39,175戸
2017年(平成29年)4月:2,404戸(1~4月:11,272戸)→年間計 39,292戸
2018年(平成30年)4月:3,118戸(1~4月:12.577戸)→年間計 39,574戸
2019年(平成31年)4月:1,883戸(1~4月:10,906戸)→年間計 34,141戸
2020年(令和 2年)4月:987戸(1~4月:8,041戸)→※前年より2,865戸下回る。

 

総戸数150戸を超える4月の大型・大規模新規物件は以下の2物件(前年同月1物件)である。※「デュオヒルズ柏」は以前から発売されている物件。
①野村不動産・他「プラウドタワー亀戸クロス」(江東区:全934戸/販売150戸)
②フージャースコーポレーション「デュオヒルズ柏」(柏市:全154戸/販売154戸)

4月の首都圏全体の平均坪単価は@268.2万円/坪で、2019年12月以来4ヶ月ぶりに300万円台を下回った。平均価格は5,401万円で、2ヶ月ぶりに6,000万円を下回った。平均坪単価、平均価格は今年に入って最も低かった。一方で、平均専有面積は66.56㎡で、2ヶ月連続で60㎡台が継続。23区物件が減り、郊外物件が増えたことが要因。4月の都県別は、東京都@352.8万円/坪、神奈川県@259.9万円/坪、埼玉県@278.7万円/坪、千葉県@157.6万円/坪。※当月は物件件数が少なく、各県別の供給戸数のばらつきが大きいため平均坪単価に差がみられる。

 

4月の契約率は81.4%、完売率は29.7%。
契約率、完売率ともに前年同月を上回る。

契約率は81.4%・完売率は29.7%で、前年同月に比べ契約率は+6.5ポイント・完売率は+4.0ポイント(2019年4月の契約率は74.9%・完売率は25.7%)となっている。契約率、完売率ともに前年同月を上回っている。契約率は2016年5月(80.5%)以来48ヶ月ぶりに80%超えとなった。

大型・大規模物件としては、「プラウドタワー亀戸クロス」が好調な売れ行き。中小規模新規物件では「パレステージ六町Ⅳ」(足立区:全56戸/販売54戸)、「ウィルレーナ目白」(新宿区:全34戸/販売9戸)、「クレアホームズ喜多見」(狛江市:全30戸/販売11戸)、「ミオカステーロ橋本」(相模原市緑区:全42戸/販売36戸)等が順調な売れ行き。

 

5月の供給は1,000戸を下回る予想。
コロナウィルスの影響により供給戸数は大幅な減少となる模様。

5月は1,000戸を下回る供給が予想される。大型・大規模物件の新規デビューの予定はなし。コロナウィルスの影響により、4月以降販売を停止している物件も多く、供給戸数は前年同月に比
べ大幅な減少が予想される。

 

【2020年平均概要推移】
■月別供給戸数の推移

地 域 東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 首都圏計
1月 供給戸数 1,486戸 224戸 167戸 213戸 ‐戸 2,090戸
市場シェア 71.1% 10.7% 8.0% 10.2% ‐% 100.0%
2月 供給戸数 1,490戸 870戸 245戸 94戸 ‐戸 2,699戸
市場シェア 55.2% 32.2% 9.1% 3.5% ‐% 100.0%
3月 供給戸数 1,309戸 475戸 264戸 217戸 ‐戸 2,265戸
市場シェア 57.8% 21.0% 11.7% 9.6% ‐% 100.0%
4月 供給戸数 517戸 73戸 56戸 341戸 ‐戸 987戸
市場シェア 52.4% 7.4% 5.7% 34.5% ‐% 100.0%
5月 供給戸数 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸
市場シェア ‐% ‐% ‐% ‐% ‐% ‐%
6月 供給戸数 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸
市場シェア ‐% ‐% ‐% ‐% ‐% ‐%
7月 供給戸数 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸
市場シェア ‐% ‐% ‐% ‐% ‐% ‐%
8月 供給戸数 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸
市場シェア ‐% ‐% ‐% ‐% ‐% ‐%
9月 供給戸数 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸
市場シェア ‐% ‐% ‐% ‐% ‐% ‐%
10月 供給戸数 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸
市場シェア ‐% ‐% ‐% ‐% ‐% ‐%
11月 供給戸数 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸
市場シェア ‐% ‐% ‐% ‐% ‐% ‐%
12月 供給戸数 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸
市場シェア ‐% ‐% ‐% ‐% ‐% ‐%
累 計 供給戸数 4,802戸 1,642戸 732戸 865戸 ‐戸 8,041戸
市場シェア 59.7% 20.4% 9.1% 10.8% ‐% 100.0%

 

■平均商品水準の推移

物件数
(件)
供給戸数
(戸)
発売当月契約率(%) 平均価格
(万円)
平均面積
(㎡)
平均坪単価
(万円/坪)
1月 104 2,090 74.1 6,476 58.43 366.4
2月 140 2,699 79.1 5,827 58.50 329.3
3月 116 2,265 74.5 6,224 62.26 330.5
4月 37 987 81.4 5,401 66.56 268.2
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
累計 397 8,041 76.8 6,055 60.53 330.7

※平均値→中間値掲載物件は中間値×戸数で販売総額換算

 

※2020年分譲マンション市場の月別データはこちら

※2019年以前のデータはこちら

 

首都圏建売住宅市場動向

【2020年3月の建売住宅市況】

供給状況

2020年3月に供給された建売住宅は73物件・542棟であった。前月・2月(33物件・312棟)に対して物件数は倍増以上(+121.2%)、棟数は7割増し(+73.7%)の増加となった。各都県で拾遺物件の捕捉が多くみられ、物件数が大幅に伸びた。その結果、棟数も物件数程ではないが大きな増加となった。

都県別の供給割合(棟数ベース)を見てみると、東京都と千葉県は2割強(棟数はほぼ同数)、神奈川県は4割、埼玉県は1.5割。前月に比べると東京都を除いて増加しており、特に神奈川県と千葉県の伸びが大きい。前月の母数が小さいとはいえ神奈川県は2.9倍、千葉県も2.6倍となった。

東京都の新規は「ファインコート」と「プラウドシーズン」の期分け販売物件のみで、その他は拾遺物件を捕捉した。拾遺では特に東栄住宅の物件捕捉が目立ったが、1桁棟数が主力であり、供給増への押し上げ効果は弱かった。供給エリアは都下が多く、そのため価格の最多平均ラインは4,000万円台となり、全棟の平均価格は5,000万円を切って4,935万円という低い水準になった(通例は6,000万円台)。
神奈川県も新規は「ファインコート」と「プラウドシーズン」の期分け販売のみ。これに対して三菱地所レジデンス、ナイス、東栄住宅の拾遺物件を多く捕捉しており、この3社分により供給数が大きく伸びる結果となった。
埼玉県は東武伊勢崎線・東上線沿線を中心に供給があった。1桁棟数物件が多く、物件数では千葉県を上回るが、棟数は下回り、都県別では最も少なかった。
千葉県の新規は「ファインコート稲毛海岸 美浜の杜 第2期1~4次」(11棟)を捕捉している。

 

 

(都県別最多平均ライン:1月)

 東京都:土地100~124㎡  建物90~99㎡  価格4,000万円台
 神奈川県:土地100~124㎡  建物100~109㎡  価格3,000万円台
 埼玉県:土地100~124㎡  建物90~99㎡  価格4,000万円台
 千葉県:土地125~149㎡  建物90~99㎡、100~109㎡  価格3,000万円台
 

 

契約状況

2020年3月の月間契約率は43.5%。前月・2月(67.9%)から▲24.4ポイント下落して4割台前半の低い水準となった。

都県別の契約率を見るといずれも低く、東京都は3割台前半、神奈川県は5.5割、埼玉県は3.5割、千葉県は3割台後半。供給が多かった神奈川県も6割に届かず、1都2件の3割台を相殺できなかった。

東京都は新規の「プラウドシーズン稲城若葉台 第3期1次」(13棟)、拾遺の「アグレシオプラス綾瀬」(7棟)が好調。青田販売物件では契約率0%が目立ち、平均値を引き下げている。
神奈川県は物件数、棟数が多かったが、拾遺物件の完売捕捉と0%捕捉の二極化傾向が強く、契約率は伸び悩んだ。
埼玉県は「マインンドスクエア三郷中央 愉しむ家」(6棟)、「ブルーミングガーデンさいたま市浦和区本太5丁目」(3棟)が好調。
千葉県は他都県よりも契約率0%物件が少ない反面、拾遺の完売捕捉も見られず、契約率の高い物件でも7~8割台にとどまった。

 

(都県別供給・契約動向)

■東京都:123棟 … 契約率33.3%
「アグレシオプラス綾瀬」(7棟)は常磐線・千代田線「綾瀬」駅徒歩7分。駅近立地と生活利便性の良さに加え、周辺では建物面積が30坪に満たない物件(3階建て)が多い中、4部屋タイプの間取りが納まる広さを確保、設備仕様やデザインの良さなどが評価された。
■神奈川県:217棟 契約率55.8%
「ファインコートあざみ野ザ レジデンス」(10棟)は東急田園都市線「あざみ野」駅徒歩13分。導線の上り坂が緩やかな徒歩圏、かつ生鮮スーパーなどが近い便利な立地は「あざみ野」駅圏では希少性があった。9,000万円台~1億円超えの好条件区画の客付きが良かった。
埼玉県:80棟 … 契約率35.0%
「ブルーミングガーデンさいたま市浦和区本太5丁目」(3棟)は「浦和」駅徒歩14分。協定道路を設置しているが、これを除いた有効土地面積は31坪を確保しており、建物面積29~30坪、2階建ての物件は浦和駅徒歩圏では希少性が高く人気となった。
■千葉県:122棟 … 契約率37.7%
「ファインコート稲毛海岸 美浜の杜 第2期1~4次」(11棟)は第1期1~3次(30棟)に続いての販売。「稲毛海岸」駅徒歩12分。大規模開発の魅力に加え、建物面積は平均33~34坪とゆとりがあり、間取りに「+ONE」の工夫がされている。立地、広さ、間取り、4,000万円台中盤中心の価格などバランスが良い。

【2020年平均概要推移】
■月別供給棟数の推移

地域 東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 山梨県 首都圏計
1月 供給棟数 99棟 38棟 110棟 78棟 ー棟 ー棟 325棟
市場シェア 30.5% 11.7% 33.8% 24.0% ー% ー% 100.0%
2月 供給棟数 132棟 75棟 58棟 47棟 ー棟 ー棟 312棟
市場シェア 42.3% 24.0% 18.6% 15.1% ー% ー% 100.0%
3月 供給棟数 123棟 217棟 80棟 122棟 ー棟 ー棟 542棟
市場シェア 22.7% 40.0% 14.8% 22.5% ー% ー% 100.0%
4月 供給棟数 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟
市場シェア ー% ー% ー% ー% ー% ー% ー%
5月 供給棟数 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟
市場シェア ー% ー% ー% ー% ー% ー% ー%
6月 供給棟数 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟
市場シェア ー% ー% ー% ー% ー% ー% ー%
7月 供給棟数 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟
市場シェア ー% ー% ー% ー% ー% ー% ー%
8月 供給棟数 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟
市場シェア ー% ー% ー% ー% ー% ー% ー%
9月 供給棟数 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟
市場シェア ー% ー% ー% ー% ー% ー% ー%
10月 供給棟数 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟
市場シェア ー% ー% ー% ー% ー% ー% ー%
11月 供給棟数 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟
市場シェア ー% ー% ー% ー% ー% ー% ー%
12月 供給棟数 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟
市場シェア ー% ー% ー% ー% ー% ー% ー%
累計 354棟 330棟 248棟 247棟 ー棟 ー棟 1,179棟
30.0% 28.0% 21.0% 20.9% ー% ー% 100.0%

 

■平均商品水準の推移

物件数
(件)
供給棟数
(棟)
発売当月契約率(%) 平均価格
(万円)
平均土地面積
(㎡)
平均建物面積
(㎡)
1月 42 325 50.8 4,836 125.08 97.82
2月 33 312 67.9 4,954 117.12 96.26
3月 73 542 43.5 4,703 119.86 99.79
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

※平均値→中間値掲載物件は中間値×棟数で販売総額換算

 

※2020年建売住宅市場の月別データはこちら

※2019年以前の過去データはこちら

TOPへ戻る