分野から探す

不動産統計資料

分野から探す

1993年1月から発行している「KOHKEN REALTY MONTHLY REPORT分譲マンション編(現:KOHKEN MONTHLY NET)」「KOHKEN REALTY MONTHLY REPORT建売住宅編」より、首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県南部)で新規供給された分譲マンション市場および建売住宅市場の概況を公開しています。(毎月更新)

 

※「KOHKEN REALTY MONTHLY REPORT分譲マンション編(現:KOHKEN MONTHLY NET)」「KOHKEN REALTY MONTHLY REPORT建売住宅編」の調査概要等につきましては、こちら

首都圏分譲マンション市場動向

【2019年10月の分譲マンション市況】

10月の供給戸数は2,164戸で前年同月を下回る。
新規物件は22物件、694戸に留まり今年に入って最も少ない。

2019年(令和元年)10月の首都圏マンション市場は、143物件2,164戸で、前年同月の185物件2,948戸に比べて▲784戸・▲26.6%の減少になった。新規物件数は22物件、694戸に留まり今年に入って最も少なかった。

※2014年以降の10月の供給戸数、1~10月及び年間の供給戸数は下記の通り。
2014年(平成26年)10月 2,782戸(1~10月:38,617戸)→年間計 47,947戸
2015年(平成27年)10月 3,978戸(1~10月:37,364戸)→年間計 45,938戸
2016年(平成28年)10月 2,950戸(1~10月:32,333戸)→年間計 39,175戸
2017年(平成29年)10月 3,453戸(1~10月:31,613戸)→年間計 39,292戸
2018年(平成30年)10月 2,948戸(1~10月:30,577戸)→年間計 39,574戸
2019年(令和元年) 10月 2,164戸(1~10月:26,152戸)→※前年を4,425戸下回る。

※1~10月の都県別の供給は、東京都14,526戸(55.5%)、神奈川県5,763戸(22.0%)、埼玉県3,294戸(12.6%)、千葉県2,518戸(9.6%)、茨城県51戸(0.2%)。

10月の総戸数150戸を超える大型・大規模新規物件は以下の2物件(前年同月4物件)。
①東急不動産・他「ブランズシティあざみ野」(横浜市青葉区:全286戸/販売60戸)
②総合地所・他「ルネ稲毛海岸グランマークス」(千葉市美浜区:全331戸/販売62戸) 

10月の首都圏全体の平均坪単価は@307.5万円/坪で、4ヶ月ぶりに@300万円/坪を上回った。都県別では東京都@369.4万円/坪、神奈川県@261.2万円/坪、埼玉県@211.8万円/坪、千葉県@186.7万円/坪となっている。10月の平均価格は6,109万円で、2ヶ月ぶりに6,000万円を上回った。10月の平均面積は65.67㎡、今年1~10月の平均面積は65.39㎡で、65㎡を上回った。

 

契約率は53.3%、完売率は24.5%。
契約率が前年同月に比べ大きく減少。完売率は5ヵ月ぶりに20%台。

契約率は53.3%・完売率は24.5%で、前年同月(契約率は73.5%・完売率は27.0%)に比べ契約率は▲20.2ポイント・完売率は▲2.5ポイントとなった。契約率は今年に入って最も低く、前年同月に比べて大幅な減少となった。完売率は30%台で推移していたが、5ヶ月ぶりに20%台となった。

上記大型・大規模新規物件では「ブランズシティあざみ野」、「ルネ稲毛海岸グランマークス」が双方とも順調な売れ行き。中小規模物件では、「エクセレントシティ竹ノ塚駅前」(足立区:全36戸/販売9戸)、「ノブレス新横浜エスアリーナ」(横浜市港北区:全83戸/販売35戸)、「ミオカステーロ向ヶ丘遊園Ⅱステーションプレミア)」(川崎市多摩区:全30戸/販売29戸)等が完売。「ドレッセ都立大学」(目黒区:全76戸/販売39戸)、「グレーシア湘南辻堂」(藤沢市:全55戸/販売22戸)等が契約率80%以上で好調な売れ行き。

 

11月の供給予想は3,500戸前後。
総戸数1,000戸以上の大規模物件が新規デビュー。

11月は3,500戸前後の供給予想。大型・大規模物件の新規デビューは「リビオシティ西葛西親水公園」(江戸川区:全282戸)、「ブランズタワー豊洲」(江東区:全1,152戸)、「SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)」(港区:全1,247戸)、「プライムパークス上大岡ザ・レジデンス」(横浜市港南区:全200戸)、「ブランズタワー所沢」(所沢市:全155戸)、「ソライエシティ ザ・パーク/ザ・ガーデン」(草加市:全474戸)、「レーベン検見川浜GRANVARDI」(千葉市美浜区:全288戸)等が挙げられる。

 

【2019年平均概要推移】
■月別供給戸数の推移

地域 民間 首都圏計
(民間)
公的機関
東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県
1月 供給戸数 1,099戸 498戸 599戸 123戸 ‐戸 2,319戸 ‐戸
市場シェア 47.4% 21.5% 25.8% 5.3% ‐% 100.0%
2月 供給戸数 1,269戸 686戸 491戸 156戸 ‐戸 2,602戸 ‐戸
市場シェア 48.8% 26.4% 18.9% 6.0% ‐% 100.0%
3月 供給戸数 2,208戸 1,031戸 352戸 511戸 ‐戸 4,102戸 ‐戸
市場シェア 53.8% 25.1% 8.6% 12.5% ‐% 100.0%
4月 供給戸数 1,014戸 442戸 163戸 264戸 ‐戸 1,883戸 ‐戸
市場シェア 53.9% 23.5% 8.7% 14.0% ‐% 100.0%
5月 供給戸数 1,365戸 676戸 264戸 382戸 ‐戸 2,687戸 ‐戸
市場シェア 50.8% 25.2% 9.8% 14.2% ‐% 100.0%
6月 供給戸数 1,665戸 784戸 265戸 308戸 ‐戸 3,022戸 ‐戸
市場シェア 55.1% 25.9% 8.8% 10.2% ‐% 100.0%
7月 供給戸数 1,230戸 553戸 313戸 194戸 51戸 2,341戸 ‐戸
市場シェア 52.5% 23.6% 13.4% 8.3% 2.2% 100.0%
8月 供給戸数 1,717戸 343戸 326戸 52戸 ‐戸 2,438戸 ‐戸
市場シェア 70.4% 14.1% 13.4% 2.1% ‐% 100.0%
9月 供給戸数 1,666戸 351戸 314戸 263戸 ‐戸 2,594戸 ‐戸
市場シェア 64.2% 13.5% 12.1% 10.1% ‐% 100.0%
10月 供給戸数 1,293戸 399戸 207戸 265戸 ‐戸 2,164戸 ‐戸
市場シェア 59.8% 18.4% 9.6% 12.2% ‐% 100.0%
11月 供給戸数 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸
市場シェア ‐% ‐% ‐% ‐% ‐% ‐%
12月 供給戸数 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸 ‐戸
市場シェア ‐% ‐% ‐% ‐% ‐% ‐%
累計 14,526戸 5,763戸 3,294戸 2,518戸 51戸 26,152戸 ‐戸
2019年累計 26,152戸

 

■平均商品水準の推移

物件数
(件)
供給戸数
(戸)
発売当月契約率(%) 平均価格
(万円)
平均面積
(㎡)
平均坪単価
(万円/坪)
1月 151 2,319 67.1 6,690 67.86 325.9
2月 177 2,602 73.2 6,185 66.40 307.9
3月 177 4,102 72.5 6,100 68.63 293.8
4月 140 1,883 74.9 6,021 63.93 311.3
5月 174 2,687 69.3 5,377 63.04 282.0
6月 167 3,022 69.7 5,411 59.40 301.1
7月 153 2,341 67.8 5,596 66.38 278.7
8月 126 2,438 79.5 6.060 67.01 299.0
9月 173 2,594 62.6 5,797 64.88 295.4
10月 143 2,164 53.3 6,109 65.67 307.5
11月
12月
累計 986 16,615 71.1 5,944 65.06 302.1

※平均値→中間値掲載物件は中間値×戸数で販売総額換算

 

※2019年分譲マンション市場の月別データはこちら

※2018年以前のデータはこちら

 

首都圏建売住宅市場動向

【2019年9月の建売住宅市況】

供給状況

2019年9月に供給された建売住宅は44物件・306棟であった。前月・8月(41物件・315棟)に対して実数レベルでは若干の増加・減少であったが、比率でみると物件数は7.3%の増加、棟数は▲2.9%の減少となった。東京都は物件数では前月比で倍増近いが(11→20物件)、棟数はほぼ同水準(113→114棟)であり、都県全体の供給が伸びない要因となっている。

都県別の供給割合(棟数ベース)を見てみると、東京都は3.5割強、神奈川県は2割強、埼玉県は2割、千葉県は2割弱。千葉県は7月以降、1都3県の中では最も供給の少ない状況が続いている。前月比では神奈川県は若干の増加、埼玉県と千葉県は若干の減少となった。

東京都の前月は、消費税引き上げ前の引き渡しを予定した大型物件の新規供給がみられたが、当月は拾遺物件の捕捉が中心となった。新規物件も2回目以降の販売期が主力となっている。初物としては「ファインコート府中武蔵野台 ブロッサムスクエア 第1期1次」(全26区画)、「プラウドシーズン花小金井 緑樹の街 第1期」(全20区画)が挙げられるが、第1期の販売棟数は抑え気味。
神奈川県では大規模物件「ファインコートFujisawa SST」が最終期(第13期7次)の販売となった。拾遺物件では「ファインコート横濱霧が丘 第1期」(13棟)などが挙げられる。
埼玉県は新規物件が中心となっており、「ライブレックス草加青柳 第1期」(14棟)などが挙げられる。
千葉県は物件数、棟数ともに1都3県の中では最も少なかった。新規では「リーズン船橋・前原~悠建のまち~ 第1期」(9棟)など。

 

(都県別最多平均ライン:9月)

 東京都:土地100~124㎡  建物90~99㎡  価格5,000万円台
 神奈川県:土地125~149㎡  建物100~109㎡  価格5,000万円台
 埼玉県:土地100~124㎡  建物90~99㎡  価格3,000万円台
 千葉県:土地100~124㎡  建物90~99㎡  価格4,000万円台
 茨城県(1物件):土地150~174㎡  建物100~109㎡  価格4,000万円台

 

契約状況2019年9月の月間契約率は58.8%。前月・8月(63.5%)から▲4.7ポイントの下落となった。6~9月は6割以上が続いたが、5割台に戻った。

都県別の契約率を見ると、東京都は6.5割弱、神奈川県は7割、埼玉県は4割強、千葉県は5.5割弱。供給の多かった東京都は6割台半ばの契約率であり、全体の底上げ効果は弱かった。

東京都は新規物件の契約率が低調であり、拾遺物件は完売補足物件が多かったものの、一部低調な物件もみられた。好調物件では、「オーベルコート中野上鷺宮」(9棟)は即日完売は逃したが、4区画に倍率が付き、最高5倍(実質)と高人気。「アグレシオひばりヶ丘 コンフォートレジデンス」(7棟)も好調であった。
神奈川県は完売捕捉が多く、契約率は7割に届いたが、個別に見ると初月完売は「ファインコートFujisawa SST 第13期7次」(1棟)のみ。
埼玉県は「ブルーミングガーデン川口市安行慈林1期」が好調。
千葉県は「クロスレジデンス北松戸 ラグレード 第1~2期」(11棟)が好調であった。

 

(都県別供給・契約動向)

■東京都:114棟 … 契約率64.0%
「オーベルコート中野上鷺宮」(9棟)は西武池袋線「富士見台」駅徒歩4分。各停駅ながら徒歩4分の駅近立地の利便性、アカシア通り沿いの開放感(幅員10mと広いが交通量は少ない)が人気を呼んだ。9,300万円台の角区画が5倍、他の3区画も各2倍。反響に対する来場率、来場者に対する再来率が高かった。
■神奈川県:71棟 契約率70.4%
「ファインコート横濱霧が丘 第1期」(13棟)は横浜線「十日市場」駅バス5分徒歩3分。風致地区内に立地しており、周辺環境が良好。また、身近に商業施設が充実している。利用するバスは「十日市場」駅前を経由して「青葉台」駅行きであり、2駅2路線が利用できる。
■埼玉県:63棟 … 契約率42.9%
「ブルーミングガーデン川口市安行慈林1期」(5棟)は埼玉高速鉄道「新井宿」駅徒歩14分。周辺では生活利便性の良くない物件が多い中、基本的な商業施設(コンビニ、生鮮スーパー、ドラッグストア)が身近に揃う利便性が評価され、完成前に完売。
■千葉県:53棟 … 契約率54.7%
「クロスレジデンス北松戸 ラグレード」(11棟)は常磐線「北松戸」駅徒歩10分。工場街や競輪場のある駅西側に対し、駅東側で徒歩10分以内の立地は希少性があり、住環境の良さ、商業施設も身近な生活利便性が評価された。青田販売であったが、2ヶ月半で完売している。都内を含め、中広域からも購入した。

 

【2019年平均概要推移】
■月別供給棟数の推移

地域 東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 山梨県 首都圏計
1月 供給棟数 71棟 40棟 198棟 102棟 7棟 ー棟 418棟
市場シェア 17.0% 9.6% 47.4% 24.4% 1.7% ー% 100.0%
2月 供給棟数 71棟 52棟 93棟 117棟 7棟 ー棟 340棟
市場シェア 20.9% 15.3% 27.4% 34.4% 2.1% ー% 100.0%
3月 供給棟数 98棟 105棟 102棟 99棟 ー棟 ー棟 404棟
市場シェア 24.3% 26.0% 25.2% 24.5% ー% ー% 100.0%
4月 供給棟数 140棟 35棟 117棟 74棟 ー棟 ー棟 366棟
市場シェア 38.3% 9.6% 32.0% 20.2% ー% ー% 100.0%
5月 供給棟数 87棟 36棟 80棟 57棟 ー棟 ー棟 260棟
市場シェア 33.5% 13.8% 30.8% 21.9% ー% ー% 100.0%
6月 供給棟数 147棟 33棟 47棟 172棟 2棟 ー棟 401棟
市場シェア 36.7% 8.2% 11.7% 42.9% 0.5% ー% 100.0%
7月 供給棟数 108棟 75棟 74棟 56棟 ー棟 ー棟 313棟
市場シェア 34.5% 24.0% 23.6% 17.9% ー% ー% 100.0%
8月 供給棟数 113棟 65棟 76棟 61棟 ー棟 ー棟 315棟
市場シェア 35.9% 20.6% 24.1% 19.4% ー% ー% 100.0%
9月 供給棟数 114棟 71棟 63棟 53棟 5棟 ー棟 306棟
市場シェア 37.3% 23.2% 20.6% 17.3% 1.6% ー% 100.0%
10月 供給棟数 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟
市場シェア ー% ー% ー% ー% ー% ー% ー%
11月 供給棟数 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟
市場シェア ー% ー% ー% ー% ー% ー% ー%
12月 供給棟数 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟 ー棟
市場シェア ー% ー% ー% ー% ー% ー% ー%
累計 949棟 512棟 850棟 791棟 21棟 ー棟 3,123棟
30.4% 16.4% 27.2% 25.3% 0.7% ー% 100.0%

 

■平均商品水準の推移

物件数
(件)
供給棟数
(棟)
発売当月契約率(%) 平均価格
(万円)
平均土地面積
(㎡)
平均建物面積
(㎡)
1月 45 418 50.2 4,998 126.92 101.91
2月 40 340 55.0 5,078 120.28 98.08
3月 45 404 52.2 4,955 118.47 97.51
4月 38 366 56.3 5,265 118.72 97.07
5月 33 260 57.3 5,333 123.42 98.14
6月 46 401 64.3 5,203 129.22 102.06
7月 36 313 71.9 6,014 118.80 98.92
8月 41 315 63.5 5,384 122.96 98.95
9月 44 306 58.8 5,235 121.62 97.27
10月
11月
12月

※平均値→中間値掲載物件は中間値×棟数で販売総額換算

 

※2019年建売住宅市場の月別データはこちら

※2018年以前の過去データはこちら

TOPへ戻る