市場調査、産業全般にわたるマーケティングリサーチ、調査会社、BtoBマーケティング、コンサルティング


KOHKEN 工業市場研究所

お問い合わせ


マンション市場動向

ホーム > 不動産統計資料 > マンション市場動向 > 首都圏マンション市場

首都圏マンション市場

首都圏マンション市場~2013年を振り返って~

「KOHKEN REALTY MONTHLY REPORT マンション編」より

2013年の年間供給量は63,349戸で対前年比+7,713戸。
月間契約率(平均)は84.4%(対前年比+0.7ポイント)。
2013年の首都圏マンション年間供給量は63,349戸と対前年比で+7,713戸・+13.9%であった(2012年:55,636戸)。月毎の供給量を見ると、6,000戸を超えたのが7月、9月、12月。5,000戸を下回ったのは1月、2月、6月、10月で、他の6ヶ月は5,000戸台と安定した水準で推移。また、前年同月を下回ったのは3ヶ月(1月、2月、4月)で、年の初めこそ前年の供給ペースを下回っていたものの、5月以降は前年の供給ペースを下回ることなく推移した。年間供給量は、昨年に引き続き増加傾向で、2007年以来の60,000万戸超えとなった。2013年は2012年に比べて約14%増加した(ここ5年の年間供給量は2009年・53,070戸、2010年・53,720戸、2011年・50,718戸、2012年・55,636戸、2013年・63,349戸)。

供給エリアでみると、東京23区の供給シェアが年間平均50.4%で、全体の約半分を占めた(東京23区の供給シェアは2009年・41.3%、2010年・44.6%、2011年・45.9%、2012年・45.6%、2013年・50.4%)。都県別年間供給数は東京都36,547戸(57.7%)、神奈川県13,598戸(21.5%)、埼玉県7,148戸(11.3%)、千葉県5,490戸(8.7%)、茨城県566戸(0.9%)。
年間の平均坪単価は@227.2万円で対前年比+@9.9万円・+4.6%(2012年:@217.3万円)。平均坪単価は2009年から上昇傾向にある(2008年@204.9万円→2009年@200.4万円→2010年@212.3万円→2011年@215.3万円→2012年@217.3万円→2013年@227.2万円)。

月間契約率は年間を通して80%台を継続し、年間を通しての平均は84.4%、対前年比で+0.7ポイント(2012年は83.7%)。2012年に比べて平均価格、平均坪単価が上昇しているにも関わらず2012年とほぼ同水準の契約率で、都心の高額物件や、大型・大規模物件、タワー物件等の好調さが目立った。
2014年は60,000戸前後の供給予想。
1月は3,000戸前後の見込み。
2014年は、低金利維持や今後の物件価格上昇といった先高感に対する駆け込み需要等の追い風はあるものの、2014年新規着工予定分の更なる見合わせ増加も予想される。
なお1月の供給は3,000戸前後になる見込みである。

SELECT MENU

  • 不動産統計資料
  • マンション市場動向
  • 建売住宅市場動向
  • ホームへ戻る

株式会社 工業市場研究所

〒105-0003
東京都港区西新橋3-6-10
マストライフ西新橋ビル

TEL

03-6459-0265

FAX

03-5408-1684

【大阪事業所】

〒550-0005
大阪府大阪市西区西本町1-7-8
柴田東急ビル8F

TEL

06-6533-0633

FAX

06-6533-0631