市場調査、産業全般にわたるマーケティングリサーチ、調査会社、BtoBマーケティング、コンサルティング


KOHKEN 工業市場研究所

お問い合わせ


セミナー・シンポジウムのご案内

ホーム > 事業案内 > セミナー・シンポジウムのご案内

セミナー・シンポジウムなどのご案内

2008.5.30

事業会社のためM&Aセミナー(1)

内容紹介

-M&A後の最大のシナジー効果を得るために-
今やM&Aは事業戦略の重要な方法論の一つに数えられていますが、M&A後に企業価値が期待されたほど、上がらない事例も多く、ただ単に短期的な企業価値の変動に注目が集まっているケースも見受けられます。 M&Aを戦略展開の一つとして考える事業会社にとって、事前にM&Aの対象とする企業の業務内容・事業構造などの実態把握をしっかりと行うことや、それらを取巻く市場環境の分析や市場の環境の変化から予測される事業展開などを考察することが重要です。
事業会社の事業戦略立案担当者にとってM&Aは最終目標ではなく、その後のシナジー効果がどう発揮されていくのかが問われています。
今回セミナーは、これまでのM&A市場を分析し、今後のM&Aの市場環境変化を予測し、M&A後の企業価値向上に欠かせない、ビジネスデューデリジェンスの実践的な進め方を紹介することを目的にしています。

■これまでのM&AとこれからのM&Aの違い
●再生型M&Aから成長型M&Aへ
●平常時に企業が検討しておくべきM&Aシナリオ

■何のためにデューデリジェンスを実施するのか
●よくあるM&Aの失敗
●デューデリの論点
●実際にあったデューデリでの発見事項とは

■エクスターナルDDとインターナルDD
●外部情報でどこまでデューデリが可能か
●成長型M&AのインターナルDDの進め方のポイント

■一般的なデューデリジェンスの進め方
●デューデりの7ステップ
●各分野のデューデリ間の役割と情報共有の仕方
●デューデリのプロジェクトマネージメントのコツ

■シナジー効果と創出容易性
●シナジーの有機的要素と無機的要素
●買収価格に組み入れるべきシナジーの範囲

■プライシングの基礎となるバリューストラクチャー
●プライシングの合理的判断基準
●フォールバックポイントをどう見極めるか

■M&Aを成功させるために
●何か起こるその前に事業会社が検討しておくべきこと
●デューデリ5つの鉄則
●過去事例紹介


講師:加藤靖之氏
アビームM&Aコンサルティング株式会社 シニア・ヴァイス・プレジデント

-コンサルティング経歴-
◆M&A戦略立案
・M&A戦略の策定と買収・売却候補先リストの策定(大手自動車部品メーカー)
・グループ再編の売却戦略立案及び候補先選定(大手トラック部品メーカー)
◆ビジネスデューデリジェンス
・大手企業(ダイエー・カネボウなど)における事業性の評価及び撤退計画策定、存続事業の成長戦略オプション立案など多数
◆企業価値評価(Valuation)
・不動産業、アパレル業、出版業の企業再編にかかわる株式価値及び事業価値評価など多数ー
◆ファイナンシャルアドバイザリー
・大手電機メーカー(三洋電機)の大規模増資におけるファイナンシャルアドバイザーにて、交渉戦略の策定、交渉の実施、株主総会サポートを実施
◆「M&Aによる企業価値の創造」レポートをリリース

開催概要

日時

2008年5月30日(金)15:30~17:30 (開場15:00)
(※17:40より18:30まで懇親会を開催)

定員

会場の関係、定員40名申し込み順とさせて頂きます。

主催

株式会社工業市場研究所

会場

株式会社工業市場研究所 セミナールーム

受講料

10,000円(消費税を含む)

懇親会費

2,000円(消費税を含む)

お問い合わせ

本件に関するお問い合わせは下記担当までご連絡ください。
電話番号 03-6459-0165
FAX番号 03-5408-1584
担当者名 第一事業本部 日暮(ひぐらし)・渡辺(竜)
受付時間 月曜日~金曜日 9:00~17:30

SELECT MENU

  • 事業案内
  • 工業市場研究所の強み
  • コンサルテーションのご案内
  • セミナー・シンポジウムのご案内
  • 官公庁・公的機関の受注実績
  • 調査・分析手法とその特徴
  • ホームへ戻る

株式会社 工業市場研究所

〒105-0003
東京都港区西新橋3-6-10
マストライフ西新橋ビル

TEL

03-6459-0150

FAX

03-6459-0151